節税に欠かせないサポート

住宅模型

登記申請の相談も可能

一般的な不動産の売却とは異なるのが、相続した不動産の売却。相続手続きが必要な上に、税金をしっかりと考慮しなければなりません。手続きは煩雑な上に、税の知識は専門的です。相続した不動産の売却をお考えであれば、まずは相続に精通した不動産会社に相談しましょう。相続開始を知った時から10ヶ月以内に、相続税の申告と納税をする必要があります。ここで頼りになるのが、税理士。不動産会社の中には、顧問税理士への相談を無料で対応しています。延滞税がかからないようにするために、1日でも早く相談することが重要です。また、税理士に相談することで、売却時の納税負担を抑えられます。もし、相続税が発生した場合には、3年以内に不動産を売却すると取得費加算の特例を利用できます。これは売却価格から相続税額を差し引ける特例です。課税所得税額を抑えることができるため、是非とも利用したいところです。また、売却時には、3000万円特別控除も利用できます。譲渡所得が出ていても、この控除制度を利用すれば3000万円も控除できます。ただ、耐震基準を満たしているなどの要件があるため、不動産会社と相談するようにしましょう。不動産を売却する前には、法務局に所有権の移転の登記をしなければなりません。これは相続登記とも呼ばれます。ご自身で申請することはできますが、必要書類を揃えるだけでも重労働です。登記の専門家である司法書士に相談することで、スムーズな登記申請ができます。不動産会社の多くが、司法書士の紹介をしてくれます。最低でも2週間ほどは登記手続きにかかるため、早めに相談するといいでしょう。

案内する男性

一戸建ての見学をする

川崎近郊で住まいを建てたいのなら、まずは住宅展示場を訪れて情報収集をしたい。ハウスメーカーの一戸建てのモデルルームを参考にして、実際に建てる住まいを検討していきたい。川崎の住宅展示場を訪れることで、家族で新築一戸建てを建てるという共通の方向に向かいやすくなる。

詳しく見る

インテリア

素敵な家を借りる

これから横浜で賃貸マンションや賃貸アパートを借りようとするなら、地元横浜にある不動産会社に相談して、情報提供してもらいましょう。マンションタイプやアパートタイプ、さらには一戸建て住宅情報もたくさん抱えています。家の売買、土地の売買等の情報も提供してくれます。

詳しく見る

住宅模型

住み替えのテクニック

住み替えなどで藤沢のマンションを売る時には、不動産売却の一括査定サービスを使って、優良業者を見つけることが重要です。具体的な売却戦略を示してくれる業者を選び、地域に密着したPR活動を行うことが、早期に住まいを売るためのポイントです。

詳しく見る

お金と家

遠方の実家を損をせず売却

相続した実家の売却をお考えであれば、一括査定サービスを利用しましょう。相場を把握していなくとも、正確な相場が分かります。また、相続に精通した不動産会社に仲介を依頼すれば、相続税や譲渡所得などの税負担を抑えられます。

詳しく見る

女性

夢のマイホーム購入

夢のマイホーム購入で大切なのは多くの物件を見学しておくことです。見学するにあたり効果的なのが川崎にあるような住宅展示場を見学することです。家の大きさは参考にならないパターンが多いですが、それ以外はとても知識が豊富になります。

詳しく見る

Copyright© 2018 相続した不動産を売却する方法【1日でも早く相談することが重要】 All Rights Reserved.