遠方の実家を損をせず売却

お金と家

税理士と連携しサポート

遠方の実家を相続した場合には、どのように対処すればいいのでしょうか。賃貸物件にすると、賃料収入を得る道が開けます。しかし、人口が減少している現代では、スムーズに借り手が見つかるとは限りません。そのまま空き家にしてしまうと、空き家条例に抵触する恐れがあります。きちんと管理されていない空き家は、取り壊し命令を受けてしまうのです。そこで残された手段は売却です。相続した実家を損をせず売却するために、一括査定サービスを利用してはいかがでしょうか。遠方の実家の相場を把握している方は、あまり多くありません。しかし、一括査定サービスを利用することで、正確な相場を把握できます。複数の不動産会社に査定を比較することで、確実に売却しながらも損をしない売却価格を設定できます。しかも、一括査定サービスの利用は無料です。ご自身で複数の不動産会社に連絡をする必要はありません。気軽に利用できるのは、嬉しいポイントです。仲介を依頼する不動産会社を選ぶ際には、相続に精通しているかも比較しましょう。特に相続税が発生している場合には、相続に関する税の知識が必要不可欠。課税譲渡所得金額を抑えられる取得費加算の特例を利用すれば、税負担が大きく軽減します。また、相続人が不動産に住んでいなくとも利用できる3000万円の特別控除の特例は、利益が3000万円以下であれば譲渡所得に対して課税されません。いずれも相続に精通していなければアドバイスを受けられないため、税理士と連携しサポートをする不動産会社を選ぶことが肝心です。

Copyright© 2018 相続した不動産を売却する方法【1日でも早く相談することが重要】 All Rights Reserved.